カルキ臭の原因について解説!カルキ臭の正体と配水池やマンションの関係とは?

カルキ臭の正体は消毒をするための塩素です。さらに、このカルキ臭を増長させる原因が存在しています。シーズンによっての違いから、配水池の傍に住んでいる、マンション特有の事情など、カルキ臭について幅広く説明します。

水資源が豊富な日本ですが、水道水の匂いが苦手だという人はたくさんいます。なんとなくカルキ臭がしてくるようで、何度もマイボトルを洗ってしまうという人もいるのではないでしょうか。では、どうしてカルキ臭がしてしまうのでしょうか。ここでは、その気になる理由を詳しく解説していきます。

カルキ臭とは?

カルキ臭について考える老夫婦 気になる水道水の臭いとして「カルキ臭」を指摘する人も多いでしょう。まずはこのカルキについてご説明していきます。

その正体は残留塩素

塩素 一般的にカルキ臭とは呼ばれますが、わかりやすくいうと水の中に残ってしまっている塩素のことです。これは残留塩素といわれ、浄水場において水中の雑菌を死滅させるために使用されています。残留塩素の含有率が高ければ高いほど、あのカルキ臭がしてくることになるのです。

各家庭に水道水を供給するにあたって、日本の浄水池では水中の細菌を消毒するために塩素を使用しています。プールなどでも使用されているので、どのような臭いなのかはっきりとイメージできるでしょう。

安全な水を供給するために、塩素は使わなければならないものです。世界をみるとわかるとおり、安全な水を当たり前に飲むことができない人たちがたくさんいるのです。多少、カルキ臭があったとしても日本の水は安全に飲むことができます。

配水池とカルキ臭

配水池のイラスト 配水池の近くで生活をしていると、自宅の蛇口をひねったときにやたらカルキ臭が気になるというケースがあります。そもそも、配水池、供給タンクとはそれぞれどのような役割を担っているのでしょうか。

まず配水池について説明します。これは、浄水場から供給された水を貯めておく場所になります。すでに浄水場で消毒された水は各家庭に供給される前にここに貯め置かれるのです。ここでは、疏水から原水を取入れ、ゴミ、藻、砂などを取り除く作業が行われています。そして、配水池では水の使用量に応じて、供給する水の水量を調節していく役割も担っています。

ここで各家庭に安全な水を供給するために、追塩措置というのがとられる場合があります。これは、配水池内の水道水にさらに塩素を加えて殺菌することです。塩素の濃度が高くなるので、言うまでもなくいっきにカルキ臭が強まります。そのため、そこからすぐに水が供給される近隣の過程では、とくにカルキ臭を感じることが多いといえるのです。

マンションに貯水タンクがある場合

マンション マンションによっては貯水タンクから住民へ水を供給しているケースもみられます。貯水タンクを設けて、そこで安心・ 安全に飲めるよう処理したものを、水道水として住人へ供給するのです。この貯水タンクでは、水を消毒するために自動で塩素が投入する仕組みが採用されている場合が多く、必要以上の塩素が加えられてしまったことによって、カルキ臭が発生している可能性もあるといわれています。

築年数を重ねている中高層住宅もカルキ臭がする

水道管けっして築浅とはいえない中高層住宅で生活していても、カルキ臭が気になることがあるでしょう。これは、劣化した水道管内から出た鉄サビの匂いがそのまま水道水に移ってしまったことによるものです。とはいうものの、よほど嗅覚が鋭くなければ、この鉄サビの臭いには気付かないといわれています。数日間自宅をあけ、久しぶりに水道を使った場合などに起こり得るものなのです。こうなると、人体への不安が懸念されるところですが、これは杞憂といえるでしょう。なぜなら、鉄は摂取したからといっても、体に害が出ることはほとんどないからです。心配だったら管理会社か水道局に連絡するべきです。

カルキ臭が発生する大きな理由は塩素にありますが、中高層住宅に入居している場合だと、水道管の鉄サビが異臭の原因ともなっています。まずはカルキ臭の原因を理解した上で、自分の場合だとどのようなケースがあるのか考えるとともに、改善が難しいようであれば飲料水はウォーターサーバーに切り替えるなどの対策が必要かもしれません。